スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • | - |
    • |
    • - |
    • - |
    • - |
    • - |

    最近増えている毒親とは?

    0

       

      毒親という言葉をご存知でしょうか。

      子供の毒になる親を指して使われている言葉で、学術的な言葉ではありません。

      子供の毒になるといっても様々な傾向があり、条件は多岐に渡ります。

      元々は、スーザンフォワードという方が書いた「毒になる親」からきているといわれています。

      毒親の特徴として、自己愛が強く子供を人として(自分ではない他者)としてみることが出来ず、親としての適正な接し方が出来ないというものがあります。

      親も人です。承認欲求やストレスから感情的になることがあると思います。

      ですが子供に対して悪い影響を与えてしまう事は考えなければいけないと思います。

       

      毒親の特徴は

      • 子供に精神的・肉体的虐待をする
      • ネグレクト(育児放棄)
      • 親の代わりをさせる
      • 過保護

      等があります。

      特に虐待がある親は犯罪になるケースもあり、軽視できないものです。

      また、それに追随する子供の環境にも問題を抱える場合もあります。

      学校でのいじめや、社会格差が子供を追い詰める事もあります。

      毒親という言葉で簡単に済まされることではないのかもしれません。

       

      また、最近では「自分が毒親になるのでは」と不安を抱える方も見かけます。

      毒親に育てられた事を「毒親育ち」と言いますが、毒親育ちの子供が親になったときに毒親になるという、「毒親連鎖」を心配する人が増えています。

      少子化で親と子供のつながりが強くなっている事も原因の一端かもしれません。

      毒親にならないためにも心理的ケアが親のほうに必要な時代になってきたのかもしれません。

       

      毒親の改善には自信の内面と向き合うことが必要だそうです。

      ○子供の立場に立って考えられているか
      ○子供の嫌がる事はしていないか
      ○子供と自分が同一化(同一視)していないか
      ○子供を道具にしていないか

      引用:毒親チェック

      これらを問いかけて自身が変わっていくことが大切ではないでしょうか。

      毒親の問題は子供が被害者だという点が問題です。

      子供が健全に過ごせる社会になることを願ってやまないところです。

       

      スポンサーサイト

      0
        • | - |
        • 20:16 |
        • - |
        • - |
        • - |
        • - |

        Trackback

        この記事のトラックバックURL :
        << うつ状態チェックで事前対処を | TOP | EQ(心の知能指数)チェックをしてみました。 >>