スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • | - |
    • |
    • - |
    • - |
    • - |
    • - |

    毒になる親を毒親というそうですが、本当はどうなんでしょう。

    0

       

      最近耳にする毒親というものを調べてみました。

       

      子供の成長に毒のようなものを与える親のことで暴力や暴言、育児放棄などによって「子供の心に傷を残す」親のことだそうです。

       

      他にも色々なケースがあるそうで、過保護や過干渉も度が過ぎると毒親になると言われています。

       

      例えば、英才教育をしたものの道徳心が育たず、大人になってから人を傷つけるような行為を行うようなケースも毒親の影響といえるかも知れません。

       

      毒親に育てられた場合、心が正常に発達できず偏った考え方や感じ方になる事が多く、大人になってもそれを引きずって生きていくということになります。

       

      もちろん、自分で変わろうとする事もできますが、物心つく前から植えつけられてきた物はそう簡単には変わりません。

       

      カウンセリングやセラピーが必要な人もいるでしょう。

       

      毒親のせいで自分がつらい思いをするというのはいたたまれない話しですね。

       

       

      毒親で問題なのは、親に罪の意識が無い、もしくは薄いというところです。

       

      また、家庭という閉鎖された環境が外部への露見を妨げている事もあります。

       

      子供は、その家庭が普通ですので疑問を持たずに受け入れます。

       

      毒親に対する態度や反応を自然と身につけますが、社会と接点が出てくるとその態度や反応がずれている事に気が付きます。

       

      ですが、気付いた時にはクセになっていて抜け出すことが出来なくなっています。

       

      毒親の影響は子供にとってとても大きなものなのかもしれません。

       

       

      毒親に育てられた場合、どうすることが良いのでしょうか。

       

      毒親を変える事は難しいことです。

       

      善良に変える事が出来るのなら、その人はそもそも毒親にはなっていないでしょう。

       

      毒親もまた、自然と毒親になるべくそのような成長をしてきたのです。

       

      ですが、子供の解毒をする事はできると思います。

       

      毒親の影響で一番の問題は、「植え付けられた物」です。

       

      価値観や考え方、思考のクセなどです。

       

      これらは変える事が可能で、それが変わると気持ちや感じ方も変わります。

       

      悩みになるマイナスな感情が出ないように出来るということです。

       

      価値観や考え方、思考のクセを変えるには自分と向き合い、それらを修正する必要があるでしょう。

       

      簡単では在りませんが少しずつでも出来る事はあると思います。

       

      毒親を克服

       

      スポンサーサイト

      0
        • | - |
        • 15:58 |
        • - |
        • - |
        • - |
        • - |

        Trackback

        この記事のトラックバックURL :
        << 恋愛依存症は思ったよりも怖い? | TOP | 女性がダイエットとするときの注意点 >>